リボーンプログラムの気になる費用や旅費はどのくらい??

   2017/05/29

hiyou

リボーンプログラムは、日本語しか話せない女性一人でも安心して旅ができるカンボジア旅行ツアーです。

気になる点はいくつかあると思いますが中でも一番知りたいのが費用ではないでしょうか。

ここでは気になるリボーンプログラムの費用を調べてみたので旅費予算の参考などにして下さい。

 

リボーンプログラムの費用は??

リボーンプログラクには「3泊4日プラン」「4泊5日プラン」「5泊6日プラン」の3つのプランが存在します。

price

お部屋のクラスによって料金は異なりますが

一番安い3白4日プランで20万円以上〜からとなっています。

kanbojia

ちなみにHISでカンボジアのツアーを調べると、一番安いツアーは6万前後となっています(記事執筆時)

なので、正直「リボーンプログラム」は少しお高くなっています。

 

しかし、リボーンプログラムは何と言っても普通のツアーとサービス内容が全然違います。

HISの格安ツアーはアンコールワット観光が入っているのみで、現地で体験するアクティビティなど予約や当日の移動は、すべて自分で行う必要があります。当然、日本人女性スタッフのサポート等は一切ありません。

リボーンプログラムなら専用車、専属の女性スタッフ、ホテル、料理、アクティビティなどサービス全てが含まれての値段なのでコストパフォーマンスで考えれば体験者の多くが安く感じるのも納得できます。

何度もカンボジアに訪れた事があり、現地の言葉も喋れる人は格安のツアーでも良いですが

初めて海外に一人旅をする人はリボーンプログラムのようなツアープランが一番安心・安全で旅行を楽しめると思います。

 

リボーンプログラムのキャンセル料

毎年2000以上の女子が充実した一人旅を体験しているリボーンプログラム

旅行は予約するのが当たり前です。しかし、何らかの理由でキャンセルせざる得ないこともあります。

リボーンプログラムのキャンセル料金は30日前でも50%負担となってしまうので注意。

ch

航空券を発行済みの場合だと60日前からでも20%のキャンセル料が発生

どのようなツアーでも参加日が近ければ近いほどキャンセル料はかかってきます。

万が一のことが起きないためにも、半年前〜3ヶ月前からしっかり予定を組み立てキャンセルにならないように準備しておきましょう。

海外旅行になるのでパスポート有効残存期限は入国時6ヶ月以上が必要になるのでこちらも確認しておきましょう。

 

 

リボーンプログラムの予約をしたいけど、金銭面で厳しい…

リボーンプログラムの料金を見てもわかる通り、結構なお値段がします。一人で旅行してみたい気持ちはあるけど、結局お金がなくて無理かな…、で諦めてはいけません。リボーンプログラムは確かにそれなりの費用がかかります。

ですが、現地のガイドがサポートしてくれて、移動車も個人のみでレンタルできたり、その他サービスも充実しており、他の旅行サービス(ツアー)と比べるとコストパフォーマンスはかなり良いツアーなのは確かです。でもやっぱり、

リボーンプログラムに申し込みたいけど料金が高いしお金がないという方は【女性専用キャッシング マイレディス】というキャッシングサービスをオススメします。

こちらの「マイレディス」は女性専用のスタッフが対応してくれるので女性の方は安心してお金を借りることができます

(※ もちろん初めての方でも問題ありません)

金利は、4.80%〜18%最大で100万円まで借り入れ可能です。そしてパートやアルバイトの方でも申し込み可能ですし、借りれるか心配の方はまず申し込みして審査してみましょう。審査はネットで申し込みできて審査に通れば即日お振込してくれる業者です

返済シュミレーターもあるのでまずは希望借り入れ額と返済額の趣味レーションをしておきましょう。

返済シュミレーター

ご利用金額 毎月最低ご返済額
~10万円 4,000円~
10万円超~20万円 8,000円~
20万円超~30万円 12,000円~
30万円超~40万円 12,000円~
40万円超~50万円 15,000円~
100万円 30,000円~

こちらの表は借入した時の額と返済額のおおよその目安となっているので参考にしてみて下さい。



 

 

リボーンプログラムのツアー予約状況

yoyaku

基本的に祝日を挟む土日や大型連休は半年以上前から予約がいっぱいで

GWやお盆期間に行きたい方は1年前から予約しておく必要もあります。

逆に平日だと1ヶ月前ぐらいからでも予約が取れる可能性は高いです。

早めに予約を取っておくのもアリですが先にも説明した通り、30日前からキャンセル料が発生するので注意を。

 

ybn

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。